FC2ブログ

2011年06月 の記事一覧

さが棚田スタンプラリー

さが棚田スタンプラリー

さが棚田ネットワークでこんなイベントが実施されています。
蕨野の早苗と棚田ウォークは終わってしまいましたが、直売所は平日も店を開けております。
これからの季節は、草花が元気な時期ですのでぜひ蕨野の棚田にお越しください!
ぜひ参加してみてください。

【応募期間】

  平成23年6月10日(金曜日)から平成23年9月30日(金曜日)まで

  (応募締め切り 平成23年10月1日(土曜日)当日消印有効)

   

【参加方法】

  ○応募用紙(台紙)を入手する(いずれかによって入手できます)

    ・スタンプ設置場所に置いています。

    ・さが棚田だより「あぜみち」に掲載しています。

    ・応募用紙を印刷する

  ○スタンプを集める(設置場所)

    ・県内5箇所のイベント会場や直売所にスタンプを置いています。


    ・1箇所で1つ応募用紙にスタンプを押してください。

     (同じスタンプを複数押しても1つとします)



  ○応募する

    ・スタンプを2個以上集めたら応募できます。

    ・郵送またはスタンプ設置場所にある応募箱から応募してください。



【賞品】

  スタンプの数に応じて、抽選で佐賀県内の棚田地域で生産されている

 棚田米や地域農産物が当たります。

  ○スタンプ4個/10,000円相当(棚田米+地域農産物)・・・1名様

  ○スタンプ3個/ 5,000円相当(棚田米+地域農産物)・・・3名様

  ○スタンプ2個/ 3,000円相当(棚田米)・・・・10名様

 さらに協賛賞として

  ○蕨野の棚田賞/棚田米3kg・・・2名

  ○江里山の棚田賞/棚田米2kg・・・5名

  ○浜野浦の棚田賞/地域農産物・・・3名

   (協賛賞はスタンプ2個以上の応募者から抽選します)



  スタンプ4個で応募された場合、4個の賞品に外れても3個、2個の

  賞品抽選の対象となります。

 (賞品は予告なく変更させていただく場合がありますので予めご了承ください。)



【応募先】

  〒840-8570 佐賀市城内一丁目1番59号

  佐賀県 農山漁村課 さが棚田スタンプラリープレゼント係

http://www.pref.saga.lg.jp/web/shigoto/_1075/_32921/_35883/_35896/_35901/_55130.html



スポンサーサイト



H23年度NPO法人「蕨野の棚田を守ろう会」総会開催

NPO法人「蕨野の棚田を守ろう会」総会を開催いたしました!

2011年6月12日(日) 場所:蕨野公民館

H23年度総会を早苗と棚田ウォーク終了後実施しました。

正会員と委任状で過半数に達し、議事も滞りなく採決されました。


P1010436_convert_20110614140915.jpg

2011早苗と棚田ウォーク開催

早苗と棚田ウォーク開催

2011年6月12日(日)

あいにくの大雨でしたが、早苗と棚田ウォークが例年通り開催されました。

約120名の参加で雨の中かさをさしてのウォーキングとなりました。

ウォーキングには、ちょっと迷惑な雨ですが、稲の生育にとっては恵みの雨!

また、美味しいお米に育ってくれることでしょう…

晴れていれば、NPOのほうで作成中のフットパスマップで解説しながらのウォーキングも予定していましたが、次回持越しです。

ご意見をお聞きしたいのでいつか、ウォーキング会を実施します。その際はご参加ください。
201106121040000.jpg

201106121046000.jpg

201106121047000.jpg
201106121103000.jpg

以上、三号館ハチヤでした☆

実習圃場における田植え実施!

田植え実施!

2011年6月4日(土)10:30~15:00 天候:晴れ☆

佐賀大学農学部生物環境科学科1年生の大学入門科目、田植えを実施しました!

フィールドセンターの皆さんが時間をかけて準備していただいた圃場に毎年手植えしています。

ここ数年間は天気に恵まれ、暑いぐらいの気温でしたが、1年生の頑張りもあり去年より早めに終わりました。

はじめての人も多かったようですが、次第に慣れてきたようで、もくもくと作業していました。

フィールドセンターの先輩たちの指導がとっても上手かったのもあるかもしれません。

今回は、はちがめ堆肥(伊万里における生ゴミを発酵させて作った堆肥です。)を有機質として投入して、栽培するそうです。

佐賀大学の蕨野の棚田における圃場は下ノ木場にあり、有機JAS認定をとっている圃場なのです。

畦にもコンクリートを入れず、畦塗りから準備されているので大変な作業です(と聞いています)。

今回植えた苗の今後のお世話もフィールドセンターの方々が行ってくれます。

秋にも、稲を手で刈って、昔ながらの掛け干しをします。

例年、この秋の作業は参加者が少なく、フィールドセンターの方だけでやられているそうです。

今年は3号館からも参加したいと思います!!!

P1010390.jpg

P1010392.jpg

P1010393.jpg

P1010402.jpg



以上、3号館ハチヤでした☆