FC2ブログ

2006年06月 の記事一覧

田植えの報告!

6月4日(日)田植えを行いました。 フィールドセンターの教職員と学生さんは、早朝から苗取りや田植えの準備に終われました。当日も、本庄地区学生の指導に大活躍でした。 大学からは大型バス2台で、農学部生物環境科学科の1年生(大学入門科目)、教養教育科目(主題科目:五十嵐・辻)、農学部3号館の学生、長谷川学長・小島理事(教育・学生担当)・向井理事(社会貢献担当)・野瀬(高等教育開発センター長)、唐津市から平野農林水産副部長、相知支所産業課の職員さん、地元蕨野から区長の中山茂廣さん、前区長の居石克巳さん、棚田保存会会長の百武弘之さん、いつも学生の指導をして頂いている「80歳百姓」の百武正勝さん、イノシシ狩の名人・居石治さん・・・・。合計、総勢150名が3反弱の田圃で、おしくら饅頭状態での田植えとなりました「カエル、おたまじゃくし、沢がに、ヘビ・・・、生物多様性の豊かな棚田(尾野フィールドセンター長の挨拶の言葉)」での田植えを楽しんだ一日でした。 1年次学生のほとんどは、田植えは初体験。裸足で田圃の泥の感触を味わいながらの、楽しい一時だったようです。     ・・・・・・・・報告、五十嵐でした。

お手植え式


060604taue02.jpg


060604taue03.jpg


060604taue04.jpg


060604taue05.jpg


060604taue06.jpg



スポンサーサイト



田植え前の準備に奮闘!

6月1日(木):朝から棚田に行ってみると…「ヘアリーベッチ鋤き込み区」に、ヒエが大量発生していましたしかしながら、今回の作業は田んぼの代掻きでしたので、生えてきたヒエはすべて鋤きこみました。これで、今年のヒエが撲滅できていたらいいのですが
代掻きの周りでは草刈がおこなわれ、3年生が鎌を持って石垣に上っている姿も見られました。

そして、最後の締めとして、田植えのシュミレーションをおこない、去年の田植えを振り返りながら、よりスムーズに作業をおこなうにはどうしたらいいのか皆で考えました。これで、準備万端の状態で田植えが迎えられそうです

・・・・フィールドセンターの岸本でした。