FC2ブログ

カテゴリ: の記事一覧

田植えの報告!

6月4日(日)田植えを行いました。 フィールドセンターの教職員と学生さんは、早朝から苗取りや田植えの準備に終われました。当日も、本庄地区学生の指導に大活躍でした。 大学からは大型バス2台で、農学部生物環境科学科の1年生(大学入門科目)、教養教育科目(主題科目:五十嵐・辻)、農学部3号館の学生、長谷川学長・小島理事(教育・学生担当)・向井理事(社会貢献担当)・野瀬(高等教育開発センター長)、唐津市から平野農林水産副部長、相知支所産業課の職員さん、地元蕨野から区長の中山茂廣さん、前区長の居石克巳さん、棚田保存会会長の百武弘之さん、いつも学生の指導をして頂いている「80歳百姓」の百武正勝さん、イノシシ狩の名人・居石治さん・・・・。合計、総勢150名が3反弱の田圃で、おしくら饅頭状態での田植えとなりました「カエル、おたまじゃくし、沢がに、ヘビ・・・、生物多様性の豊かな棚田(尾野フィールドセンター長の挨拶の言葉)」での田植えを楽しんだ一日でした。 1年次学生のほとんどは、田植えは初体験。裸足で田圃の泥の感触を味わいながらの、楽しい一時だったようです。     ・・・・・・・・報告、五十嵐でした。

お手植え式


060604taue02.jpg


060604taue03.jpg


060604taue04.jpg


060604taue05.jpg


060604taue06.jpg



スポンサーサイト



田植え前の準備に奮闘!

6月1日(木):朝から棚田に行ってみると…「ヘアリーベッチ鋤き込み区」に、ヒエが大量発生していましたしかしながら、今回の作業は田んぼの代掻きでしたので、生えてきたヒエはすべて鋤きこみました。これで、今年のヒエが撲滅できていたらいいのですが
代掻きの周りでは草刈がおこなわれ、3年生が鎌を持って石垣に上っている姿も見られました。

そして、最後の締めとして、田植えのシュミレーションをおこない、去年の田植えを振り返りながら、よりスムーズに作業をおこなうにはどうしたらいいのか皆で考えました。これで、準備万端の状態で田植えが迎えられそうです

・・・・フィールドセンターの岸本でした。

5月18日の作業報告

今日は午後から3年生も一緒に畦塗りをしに棚田に行きました。

連日の雨のおかげもあって、きれいに水がたまっていました
長靴で田んぼの中に入り作業をしていたら、ずぶずぶと泥にはまり、あわや長靴の中に水が!?という場面も()

畦塗りとは、泥を畦に塗ることで畦に開いた穴を塞ぎ、漏水を防ぐ作業のことです。これがなかなか大変で、すくった泥が重い重い

作業が後半戦にさしかかると、まさかの雨が。結局、雨に打たれつつの作業となりました。

作業が終わったときにはみんなぐったり。
せっかく畦塗りしたのに、雨に流されないといいけどなぁ。

   ・・・・以上、報告はフィールドセンター、力安でした!

5月15日 ヘアリーベッチの鋤きこみと畦塗り?をしました

この日は、実習田に「ヘアリーベッチ」を鋤きこむ作業と畦塗り、除草作業を行いました。午前中は技官さんにヘアリーベッチを鋤き込んでもらい、先生と学生は石垣とブルーベリーの周りの除草作業を行いました。本当はすぐにでも畦塗りをしたかったのですが、畦の下のほうに多数の穴があいていたようで、ほとんどたまっていませんでした。午後まで待ってみたのですが、一向にたまらないので、畦を高くして再び除草作業に戻りました。何かと前途多難のようです・・・。
     ・・・・・以上、報告はフィールドセンター 堀内でした

5月11日 実習田に「はちがめ堆肥」を入れました!

5月11日の主な作業を報告します。 ?畦および石垣の草刈、?実験田へのはちがめ堆肥の搬入、?畦きり、?水入れ・・でした。  午前中は刈払い機や鎌をそれぞれがもち、ひたすら草を刈りました。まだまだ刈払い機に慣れていない4年生も一生懸命がんばっていました(^^)。チャキチャキ使っている姿を早くみたいなぁ。 堆肥の搬入は一輪車で、ひたすら往復でした。それが終わると今度は各々に鍬やスコップを持ち畦の大まかな形をつくりました。これまた鍬になれていないため『おばあちゃんスタイル』で腰を痛くしながらの重労働です(><)。  今回の作業で少しは道具とお友達になれた……ハズ…?新4年生主体の☆初☆棚田作業を終え、坂道を下るみんなの背中は少し大きくみえました…。 泥まみれになった道具をきれいにし、とりあえず本日の作業は終了です☆そんなこんなでもう4時前に…  帰りに寄ってくださった厳木・道の駅での休憩が作業の疲れを癒してくれました☆ ・・・・・・・以上、報告はフィールドセンター、小川でした!


これがはちがめ堆肥だ!